青木嵩山堂

《青木嵩山堂は明治初年に大阪心斎橋に登場、大正10年前後には忽然として店を畳んだが、明治期を代表する出版書肆であった。》(熊田 司)

c0199030_16270247.jpg


÷
c0199030_13482529.jpg

題 名=国訓寸珍康熙字典
発 行=明治25年4月20日再版
著 者=森琴石
発行者=青木恒三郎
印刷者=青木恒三郎
発売所=青木嵩山堂
東京市日本橋区通一丁目
大阪市心斎橋筋博労町
タ テ=55mm
註 記=銅板刷


÷

c0199030_11581693.jpg題 名=西廂記評釈
発 行=明治43年6月8日再版
著 者=鹿島修正
発行者=青木恒三郎
印刷者=青木恒三郎/嵩山堂印刷部
発売所=青木嵩山堂
大阪市心斎橋筋博労町角
東京市日本橋区通一丁目角
タ テ=150mm



÷

c0199030_2034223.jpg

c0199030_20344851.jpg

題 名=国訓寸珍康熙字典
発 行=明治37年4月10日
著 者=近藤元粋
発行者=青木恒三郎
印刷者=青木恒三郎
発売所=青木嵩山堂
東京市日本橋区通一丁目
大阪市心斎橋筋博労町角
タ テ=130mm
註 記=上下二巻、銅板刷



÷

[PR]
by westedition | 2014-09-22 16:29 | 大阪


岡本偉業館 >>