佐々木竹苞楼

c0199030_20482572.jpgc0199030_20483917.jpg


c0199030_20445327.jpgc0199030_20451666.jpg

















































《銭屋惣四郎の初代は享保八年生れで春重といったが、幼少の頃堀川通りにあった書肆銭屋儀兵衛の店に入って業を修め、寛延四年に独立して姉小路通り寺町西入ルで店を開き、主家の銭屋の名前を許されて銭屋惣四郎を名乗り、書林仲間に加入を認められた。ところが二代目春行の時、天明八年の大火が起って類焼した。これによって同家は板木や古い記録をほとんど全部焼失したといっているが、文化二年に再建する時に寺町御池下ル(本能寺前)に新しい土地と屋敷をもとめて移ってきた。》《銭屋惣四郎はその後、竹苞楼を称号として、現在まで営業している。その間、元治のどんど焼きにも焼けて、文化以来の記録や、版木類を多く喪失したようだが、復旧した店舗は、文化再建当時の様子を保存していて、店頭に「出し箱」の看板をおく徳川中期の書籍商の様子を、今日竹苞楼において見ることができるのである。》(脇村義太郎『東西書肆街考』岩波新書、一九七九年)


発行書目

泡茶訣 竹田先生自筆 竹苞樓 [?]
勢多唐巴詩 3巻 胡逸滅方海著 ; 惠萊安陀羅校 竹苞樓 1771
吹寄蒙求 片屈道人/編輯 銅脈先生/考訂 佐々木惣四郎 安永2
清風瑣言 残1巻 無腸翁/著 竹苞樓 寛政6序
真蹟臨本三種歌合 竹苞樓 : 瑶芳堂 1802
校本古文眞寶後集 2卷 黄堅輯 鈴木善教校本 竹苞樓 1857

中外貨幣度量考 瓜生三寅 竹苞楼 明1
竒文欣賞 残1巻 磐渓子/論評 竹苞樓 明治1序
萬国公法 第1巻 - 第4巻 畢洒林著 西周助訳 竹苞樓等 1968
皇朝千字文 川瀬白巌[他] 佐々木惣四郎等 明6.7
ウイルソン氏リートル直譯初編 上 ウイルソン氏 竹苞樓 1873
読史末議 西川文仲 竹苞楼 明8.10
十七兼題解 熊木貞明講述 竹苞樓 1875
雑字類編. 1-7巻 柴小輔[他] 佐々木惣四郎等 明9.4
続文章軌範纂評 片山勤 佐々木惣四郎 明10.2
文章軌範纂評 安藤太郎 2版 佐々木惣四郎等 明11.8
文語湧泉 西川文仲 竹苞楼 明12.5
広益題画詩刪 山添直次郎 佐々木惣四郎 明12.6
広益題画詩刪 山添直次郎 竹苞楼 明12.6
続文章軌範纂評. 巻3-7 鄒守益[他] 佐々木惣四郎 明12.6
款藪 森川竹窓 竹苞楼 明13.3
山陽詩鈔集解 頼又次郎[他] 佐々木惣四郎 明14.10
山陽詩鈔集解. 巻1-4 三宅左平 佐々木惣四郎 明治14
文章軌範 謝枋得/編次 安藤秉/纂評 安富國民/標註 佐々木惣四郎等 明15.6
文章軌範注釈 千田一十郎 佐々木惣四郎等 明15.7

若竹集 創業期出版記録 上・下 水田紀久 佐々木竹苞楼書店 1975 竹苞叢書1
[PR]
by westedition | 2009-05-11 20:53 | 京都


<< 高橋南益社 星林社 >>