文翫堂

c0199030_142464.jpg

題 名=スミカズ画ノ手本
発 行=大正8年9月5日
著 者=宇崎純一
発行者=家村吉兵衛
印刷者=
発行所=家村文翫堂
大阪市東区糸屋町二丁目
装 幀=宇崎純一
タテ=19cm






家村文翫堂

《文翫堂・海文書院
  家村吉兵衛氏
  明治四年十月十日生
  東区農人橋二丁目二五
 文翫堂は徳川中世の創業にかゝはり、当主吉兵衛はその三代目に当つてゐる。初代は和本、法帖類の出版を専業とし「西の文徳」「東の家村」と謳はれてゐた。
 二代目吉兵衛氏は小売の傍はら、絵本、絵草紙の出版を企て、板種は数百点に上つてゐる。
 当主に至つて更に書籍、雑誌、絵本、絵草紙、絵葉書類の卸販売を開始し、業態愈々旺んになるに及んで出版及び小売部を切り離して糸屋町松屋町角に移し、嗣子真之助君をして主宰者たらしめた。而して自らは依然現営業所に踏み留まり、卸業に主力を注いで、親しく陣頭に起ち、父子相呼応して商戦場裡に馳駆しつゝあるは正に偉観とすべきである。昭和四年大阪参文社重役改選に際し推されて常務取締役となり現に其の職にある》(『日本出版大観』1930)

発行書目
大阪南区大火写真画報 [出版者不明] 発売=家村文翫堂 1912.1
神宝古泉鑑 大島不老 大正増補 昭和2
好古趣味 第1冊 趣味の考古学会 発売=家村文翫堂 1928
新撰國史年代表 坂井末雄 1934.6
日本建築史 佐藤佐 9版 昭和10
新入生の母親読本 勧学園 昭和12
新選厚生近畿ハイキング 木村三郎 1941
仮面の騎士 西田静二 昭和24
たこ丸旅日記 大野きよし 昭和24 漫画全集4


文翫堂 文翫堂書店

《文翫堂出版・小売部
  家村真之助氏
  明治二十四年十月生
  東区糸屋町二丁目一三
 君は家村吉兵衛氏を父とし、四代目文翫堂の継承者である。
 大阪市東区東瓦町武田久衛門氏の二男として生を享け、福音社に入り修業中、家村家の養子として迎へられ入籍した。はつ子夫人は家村氏の長女であつたが先年物故された
 大正十二年、現在地に分離して、出版及び小売の業務を担当し、商況盛んである。
 既刊書は三十余種に上り、其の内著名なるものに「日本建築史」「手工を教ふる人へ」等がある。温厚篤実にして斯界の新人をもつて目される。》(『日本出版大観』1930)

発行書目
実業家の見たる現今之欧米 石田美喜蔵 文翫堂 1922
世界を背景とせる日本現代史長谷川鉞次郎 文翫堂書店 1925
日本建築史 佐藤佐 文翫堂 1925
人物試験の受け方と履歴書の書きかた 黒柳勲 文翫堂書店 1926
実際的体験的個性の調査と教育 田村肇 文翫堂書店 1929
中等学校小学校に手工を教ふる人へ 佐藤佐 文翫堂書店 1929
都市問題の常識 古畑銀次郎 文翫堂書店 1929
職業指導実施要綱 三橋節 文翫堂書店 1931
日本神社建築史 佐藤佐 文翫堂書店 1931
錦城復興記 古川重春 大阪ナニワ書院 発売=文翫堂書店 1932
大日本建築全史 佐藤佐 文翫堂書店 1933
綱要薬用植物学 佐藤敏雄 文翫堂 1934
有機薬品製造化学摘要 石田末蔵 文翫堂 1937
[PR]
by westedition | 2009-04-23 14:27 | 大阪


<< ヒロヲ書店 エミヤ書店 >>