京鹿子発行所

発行書目

野風呂第一句集 鈴鹿野風呂 1926.7 京鹿子叢書2
南風 水原秋櫻子 1926 京鹿子叢書3
草城句集 日野草城 昭和2 京鹿子叢書4
より江句文集 久保より江 昭和3 京鹿子叢書5
京鹿子第二句集 日野草城 昭和3 京鹿子叢書6
天牛句集 佐々田天牛遺稿 1929.7 京鹿子文庫1
京鹿子第三句集 鈴鹿野風呂 昭和5 京鹿子叢書7
播水句集 五十嵐播水 昭和6 京鹿子叢書8
春潮集 久保ゐの吉 昭和7
青芝 日野草城 昭和7 京鹿子叢書9
京鹿子第四句集 日野草城 昭和8 京鹿子叢書10
丹鶴集 水野白川 昭和9 京鹿子叢書11
小鳥網 福村青纓 昭和11 京鹿子叢書12
摘草 松尾巌,松尾静子 昭12
嵯峨野集 鈴鹿野風呂 昭14 京鹿子叢書13
浜木綿 鈴鹿野風呂 昭14 京鹿子叢書14
海豹島 鈴鹿野風呂 昭15 京鹿子叢書15
京鹿子第五句集 鈴鹿野風呂 1942
京鹿子 鈴鹿野風呂 昭和17 京鹿子叢書16
聚景閣漫筆 牛尾暁美子 昭和17 京鹿子叢書17
鑑賞蛇足 久武氷谷 昭和18 京鹿子叢書18
京鹿子400号祝賀全国俳句大会 1957


俳誌『京鹿子』

沿革 1920(大正9)年、当時の京大三高俳句会を基盤として、発足。1920年11月、鈴鹿野風呂・日野草城を中心に長谷川素逝らが加わり『京鹿子』を創刊、爾来86年を迎える。主宰も鈴鹿野風呂から丸山海道に引き継がれ、豊田都峰に至る。この間の太平洋戦争で軍の命令により戦時統合を余儀なくされ、『比枝』を創刊したが、戦後間もなく『京鹿子』を復刊、現在に至る。通算960号(2004年8月現在)。[京鹿子HPより]

c0199030_1514980.jpg

題名=海豹島
発行=昭和15年10月20日
著者=鈴鹿野風呂
発行者=鈴鹿野風呂
印刷者=須磨勘兵衛/内外出版印刷株式会社
発行所=京鹿子発行所
京都市左京区吉田中大路8
装幀=川端弥之助
タテ=19cm
[PR]
by westedition | 2009-02-23 15:04 | 京都


<< 大阪開成館(開成館、三木開成館) 三一書房 >>