甲鳥書林

c0199030_16502095.jpg












1939年に三重県出身の中市弘と矢倉年の義兄弟が京都市下鴨泉川町で創業。東京にも拠点を置いた。吉井勇に出版社名を相談し鴨川とその支流高野川の中間に位置するところから「鴨」の字を二つに分けて甲鳥書林と名付けられた。1944年、天理時報社などと統合して養徳社となった。1946には甲文社として再出発し、1950年には矢倉が書林新甲鳥として独立(〜1956年頃まで)、中市は甲鳥書林新社、甲鳥書林、甲鳥書房などの名義を使いながら1976年まで出版をつづけた。石塚友二、野口冨士男、庄野誠一らが編集に携わった。

中市弘略歴
《明治四十四年十一月十二日、父一雄、母ふさ子の次男として、上野市向島の宅で生れる。父は広島県三好[ママ、三次]市の積山家の出身にて、歌人中村憲吉の従弟にあたり、上野市で医を業とした。上野市立小学校、桃山中学校(桃山学院)を経て昭和十三年日本大学法学部を卒業、昭和十五年五月、株式会社甲鳥書林を京都市下鴨に設立し、主として文芸、学術、美術書を発行、昭和十七年四月東京銀座に営業所、本の小売店を設置す。同年五月、和歌山市の宮井太郎吉三女梅子と結婚す。
 昭和十八年四月、戦時企業整備により天理時報社出版部、古書通信社数社と統合、新たに株式会社養徳社っを設立し、その代表取締役社長に就任。海軍監督工場天理時報社の専務取締役、陸軍監督工場日本糧果株式会社の取締役を兼任。その間昭和二十年八月の終戦まで、新村出選集全五巻、朝鮮古文化総鑑全十二巻、昭和俳句叢書全十巻、昭和歌人叢書全十巻、カトリック文芸叢書全十巻等の全集並びに五〇〇余種の単行本を発行した。また「三田文学」「幻想[ママ、玄想]」等の月刊誌を発行、戦時企業整備統合後は海軍予科練の全教科書をも印刷発行す。
 昭和二〇年八月終戦後、職を辞して郷里に蟄居す。昭和二十二年四月株式会社甲鳥書林を再建し、居を京都下鴨に移し、昭和二十五年十二月まで王子三社の代理店日亜商会大阪支店、内外通信社博報堂大阪支店の顧問となる。昭和三十五年には本社を東京に移転、主に文芸書の出版と月刊「衣食住」「陸海空」を発行す。また湯川秀樹選集全五巻、松下幸之助著「私の行き方考え方」「PHPのことば」、早川徳次著「私と事業」「続私と事業」、石坂泰三著「泰川随談」等財界人の自伝、随筆集を始め、歌集、句集、文芸書等三八〇余種の単行本を発行、現在に至っている。また昭和四十二年甲鳥PRセンターをも設立、PR誌の印刷発行と不動産部をも併設している。》(中市弘『歌集山望』甲鳥書林、一九七六年、より)

発行書目(甲鳥書林のみ、未定稿)

天彦 吉井勇 1939.10.30
井原西鶴 武者小路実篤 1939.10.30
髣髴 能村潔 1939.11.3
九十九谷 尾崎士郎 1939.12.30
麗日抄 水原秋桜子 1940.1.20
洛北随筆 吉井勇 1940.4.10
若き日の旅 里見〓 1940.5.25
湖畔の画商 武者小路実篤 1940.6.15
冬の華. 続 中谷宇吉郎 1940.7.5
桜 坪野哲久 1940.7.30 昭和歌人叢書第4
荒栲 筏井嘉一 1940.8.20 昭和歌人叢書
大和 前川佐美雄 1940.8.25 昭和歌人叢書6
鵞鳥の花 中里恒子 1940.9.18
赤道圏 五島美代子 1940.10.5 昭和歌人叢書9
夕陽と妻 川田順 1940.10.31
歴年 斎藤史 1940.11.20 昭和歌人叢書10
野草雑記野鳥雑記 柳田国男 1940.11.30
相聞歌物語 吉井勇 1940.11.30
柘植の日記 中山義秀 1940.11.30
風に騒ぐ葦の如く 丸岡明 1940.12.5
楽園の子等 武者小路実篤 1940.12.10 
穂高 加藤楸邨 1940.12.25 昭和俳句叢書
投影 不二樹一郎 昭和15 帚木叢書20
太陽の愛 岡野直七郎 昭15 昭和歌人叢書2
運命 岡山巌 昭15 昭和歌人叢書3
陣中手記秋風戦線 堀内民一 昭15
紫苑の園 松田瓊子 1940
戦死 柴田賢次郎 1940
海図 五島茂 昭和歌人叢書 1940
アスモンデ モーリアック 1940

開墾 吉植庄亮 1941.1.1
魚の鰭 東鷹女 1941.1.25 昭和俳句叢書
方寸虚実 石塚友二 1941.2.10 昭和俳句叢書
門 北原武夫 1941.2.20
歴世 林芙美子 1941.2.20
無車詩集 武者小路実篤 1941.3.3
菜種 横光利一 1941.3.20
扉 佐多稲子 1941.3.23
国初聖蹟歌 川田順 1941.3.30
大足 石田波郷  1941.4.20 昭和俳句叢書
遠天 吉井勇 1941.5.10
レンブラント エミール・ルードウィヒ他 1941.5.15
万緑 中村草田男 1941.6.10 昭和俳句叢書
春日 火野葦平 1941.6.25
白痴 川端茅舎 1941.6.30 昭和俳句叢書
野守 松本たかし 1941.7.1 昭和俳句叢書
藤 野上弥生子 1941.7.25
南風譜 牧野信一 1941.8.15
皿 篠原梵 1941.9.15 昭和俳句叢書
晩夏 堀辰雄 1941.9.20
第三冬の華 中谷宇吉郎 1941.9.25
楊柳歌 森田たま 1941.10.20
蟲・人・自然 大町文衛 1941.12.10
向日葵 安騎東野 1941.12.15
遠方の人 森山啓 1941.12.15
樹氷群 中島斌雄 1941 昭和俳句叢書
人音 西島麦南 1941 昭和俳句叢書
野道 及川貞 1941 昭和俳句叢書
皿 篠原梵 1941 昭和俳句叢書
曠原 神山哲三 1941
子供記 鈴木藤太郎 1941
富士 橋本英吉 1941
小さき碧 松田瓊子 1941
ダイヤモンドを作る男 ウエルズ 1941
わが歌日記 吉井勇 1941
子供の絵を考へる 山根武士 1941
義理 守隋憲治 1941
青年時代 豊田三郎 1941
投影 不二樹一郎 1941

わが歌日記 吉井勇 1942.2.10
古鏡 水原秋桜子 1942.3.25
ファン・ゴッホの手紙 土井義信訳 1942.4.25
サフランの歌 松田瓊子 1942.5
相聞居随筆 吉井勇 1942.5.20
わが少女の日 村岡花子 1942.6
びいどろ 杉江重誠 1942.6.1
学界余滴 矢倉年編 1942.7.10
武蔵野探勝. 上 高浜虚子 1942.7.20
高原 川端康成 1942.7.20
マリアへのお告げ クローデル 1942.8.19 現代カトリック文芸叢書
よしきり物語 カール・エワルド他 1942.8.20
信仰への苦悶 クローデル他 1942.9.10 現代カトリック文芸叢書
ちぎれ雲 新村出 1942.9.20
夏目漱石 森田草平 1942.9.20
人生論. 続 武者小路実篤 1942.9.20
フランス古典悲劇の形成 太宰施門 1942.9.20 甲鳥学書
妻の手紙 宇野千代 1942.10.20
民族耐乏 高田保馬 1942.11.20
巴里心景 九鬼周造 1942.11.20
武蔵野探勝. 中 高浜虚子 1942.11.20
現代宗教作家論 ブレーゲル 1942.11.20 現代カトリック文芸叢書
結城牧秋歌集 吉植庄亮他 1942
故郷 金史良 1942
海 野満隆治 1942
蒙疆の子供 吉田一次 1942

我が回想 ヂョルヂュ・ルオー他 1943.2.10
SOUVENIRS INTIMES 武者小路実篤 1943.2.10
武蔵野探勝. 下 高浜虚子 1943.2.15 
ルーベンス ヴェルハーレン他 1943.2.20
ゴヤ伝 グラップ他 1943.2.20
史歌南北作戦 川田順 1943.4.20
白林帖 吉田洋一 1943.4.20
返り花 久米正雄 1943.6.15
朱天 斎藤史 1943.7.15
十九世紀仏国絵画史 ムツタア 1943.8.20 甲鳥学書
戦国時代和歌集 川田順 1943.9.20
樹氷の世界 中谷宇吉郎 1943.9.20
新村出選集第一巻 1943.9.20
三少年国を護る 武者小路実篤他 1943.9.30 甲鳥課外よみもの2
洛北集 高田保馬 1943.10.15
正岡子規 高浜虚子 1943.10.20
定本吉井勇歌集 1943.10.20
日本石器時代提要 中谷治宇二郎 1943.10.20 甲鳥学書
続夏目漱石 森田草平 1943.11.10
リルケ書簡集第四卷 1943.11.15
磐梯 水原秋桜子 1943.11.20
歩行者 安騎東野 1943.12.15
生活と環境 梶原三郎 1943
ガラス結晶の研究 杉江重誠 1943
背振 中島哀浪 1943
ダ・ヴィンチ随想録 黒田正利 1943

遺伝学叢話 駒井卓 昭和19
農村復興 安騎東野 1944.2.20
汀女句集 中村汀女 1944.1.15
「奥の細道」「嵯峨日記」など 高浜虚子 1944.3.5
御神火 井伏鱒二 1944.3.30

湯川秀樹選集. 第1巻 1955
湯川秀樹選集. 第2巻 1955.5.20
湯川秀樹選集. 第3巻 1955
湯川秀樹選集. 第4巻 1955
物語・キリストの生涯 アワスラー他 1955
マイクのたわごと 平井常次郎 1955.3

湯川秀樹選集. 第5巻 1956

道草記  佐々木惣一 1957
歌集形影抄 吉井勇 1957

道 大友道子 1962
風祭 宮崎智恵 1962
思うときどき 後藤太郎 1962.12

無象の塔 尾留川房子 1963

槿花集 花影合同歌集第一歌集 1964
一つの石 市川匡 1964

浅間に近く 大友道子 1968

川田順遺稿集香魂 1969.7.10[甲鳥書房]
高原 川端康成 1969

予科練かく戦えり 小川益生編 1976
山望 中市弘 1976

短編集春日
c0199030_17133182.jpg

発行=昭和16年6月25日
著者=火野葦平
発行者=中市弘
印刷者=須磨勘兵衛
発行所=甲鳥書林
京都市左京区下鴨泉川町6
東京市神田区鎌倉町7番地
装幀=星野順一
タテ=19cm








向日葵
c0199030_17172250.jpg

発行=昭和16年12月15日
著者=安騎東野
発行者=中市弘
印刷者=須磨勘兵衛/内外出版印刷株式会社
発行所=甲鳥書林
京都市左京区下鴨泉川町6
東京市神田区鎌倉町7
装幀=富本憲吉
タテ=19cm







ちぎれ雲
c0199030_1720137.jpg

発行=昭和17年9月20日
著者=新村出
発行者=中市弘
印刷者=須磨勘兵衛
発行所=甲鳥書林
京都市左京区下鴨泉川町6
東京市京橋区銀座3丁目4
装幀=木下杢太郎
題簽=藤井紫影
タテ=19cm







妻の手紙
c0199030_172481.jpg

発行=昭和17年10月20日
著者=宇野千代
発行者=中市弘
印刷者=須磨勘兵衛
発行所=甲鳥書林
京都市左京区下鴨泉川町6
東京市京橋区銀座3ノ4
タテ=15cm
[PR]
by westedition | 2009-03-05 21:33 | 京都


<< 甲文社 書林新甲鳥 >>